交流(リンク集)

文化は一つひとつのカテゴリーが相互に重なり影響しあって発展してきております。

例えて言うなら歌舞伎がここまで発展したのには、長唄・三味線、お囃子・衣装などその他もろもろのカテゴリーや、または中国や韓国などからの文化が入ってくる、その時代の社会の変化など相互に影響しあって発展し現代まで受け継がれてまいりました。

インターネット時代となった現代でも相変わらず、ますます交流によって互いに発展しうることでしょう。

金一志韓国伝統芸術院

Kim Iru Chi

(社)韓国伝統舞研究会理事長林 洱調先生に師事。

その後数々の舞踊コンクールにおいて受賞を重ね、1983年度全国舞踊コンクールでは古典舞踊部門大賞受賞。1998年度ソウル舞踊コンクール伝統舞踊部門金賞受賞。

2006年には、第四回「大韓民国国楽コンクール」にて金賞(文化観光部長官賞)受賞

現在は日本国内のみならず韓国でも多数の公演活動をこなし、次世代の指導・育成にも力を入れておられます。

現 金一志韓国伝統芸術院院長
(社)韓国伝統舞研究会京都支部支部長
(社)韓国舞踊協会関西支部副支部長
(社)韓国芸術文化団体総連合会関西支部副支部長

Copyright© 2013 Higashinomine Juku All Rights Reserved.

〒605-0812 京都市東山区安井毘沙門町33
E-mail: higashinomine@nike.eonet.ne.jp